レボリューション 犬猫用
犬猫フィラリア予防薬ご案内

犬猫のレボリューション 副作用は腎臓、腎不全に影響がある?


犬・猫を飼っている方、何だかかゆそうに体を掻いているのが気になりませんか?
そのうちに飼い主のあなたまでかゆくなる…なんてことも。

そのかゆみ、犬や猫につくノミやダニが原因かも。

犬・猫を飼う方にはぜひ知っておいて欲しい、ノミやダニの駆除方法。
レボリューションという、外部寄生虫や内部寄生虫を一度に退治できるお薬があるのをご存知ですか?

今回は、そのレボリューションの詳しい説明をしたいと思います。

犬猫にかかる寄生虫

「寄生虫」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
もし、言葉が難しいようであれば、「ノミ」や「ダニ」ならどうでしょう。

犬や猫を飼っていると、その寄生虫にかかる事があります。
それは、犬・猫にかぎらず、人間にも被害をおよぼす「人獣共通感染症」と呼ばれるものもあります。

では寄生虫にはどんな種類があるでしょうか。
大きく分けて体の外側に寄生する、ノミやダニのような「外部寄生虫」と、体の内側の血液内や消化器官に寄生をする、回虫やフィラリアのような「内部寄生虫」にわかれています。

レボリューションの効果

レボリューションはどんな寄生虫に効果があるのでしょうか。

犬・猫につく外部寄生虫に効果があるものは、ノミの成虫、ノミの幼虫、ノミの卵、ミミヒセンダニです。
犬・猫につく内部寄生虫に効果があるのは、ミクロフィラリア、フィラリア幼虫、猫回虫、鉤虫です。

レボリューションは垂らしてからすぐ効くという即効性があり、効果は約1ヶ月程度持続します。
1か月に1回使用すれば、すでについてしまった寄生虫の他に、新たな寄生虫が体につくことも防いでくれます。

皮膚から吸収させるスポットタイプのお薬なので、飲み薬が嫌いな犬・猫には最適ですよ。

レボリューションの副作用

これだけ便利なお薬だと、副作用が心配になってきますよね。
副作用がない薬などない、とは言うものの、レボリューションを使用した際にどんな副作用があるか気になりますよね。

レボリューションでの副作用として、犬・猫で少し異なります。

犬には、レボリューションを滴下した後に、一時的に元気がなくなることがあったり、軽く痒がることがあります。

猫には、レボリューションを滴下した後に、滴下した場所に、一時的に毛が抜けることがあったり、口に入れてしまうと、嘔吐あるいはよだれが見られる事があります。

滴下するスポットタイプのお薬ですので、口に入れることのないようにしたいですが、もしなめてしまった場合に嘔吐あるいはよだれなどの症状が出た場合、すぐに動物病院に連絡して支持を仰いでくださいね。

他の徴候についてはわずかなのですが(0.5%以下)、

・嘔吐
・糞・オシッコの頻度が多くなる
・下痢(血便の場合もある)
・食欲が落ちる
・元気がなくなる
・筋肉の震えがおこる
・じんましんがでる
・手足の機能障害
・発熱
・発作(犬に関して)

上記のことが報告されています。

レボリューションの副作用報告として、動物医薬品等データベースによると

犬用の副作用報告
〇4歳のフレンチブルドッグ
レボリューション12%を投与してから6時間後に嘔吐・下痢の消化器症状を発症、呼吸困難に陥って死亡。
投与後6時間で発症していることから、アナフィラキシー反応と考えられいるが、本来ならアナフィラキシー症状にはない発熱や舌の斑状内出血があり、因果関係は詳しくは不明とのこと。
〇13歳の雑種犬
犬糸状虫症(フィラリア症)の予防のために投与されたはずが、投与後に心臓に犬糸状虫が確認され、肝不全と腎不全により死亡したとの事。
フィラリア陽性の際にレボリューションを投与したことでの重篤な副作用と考えらえるが、本来であれば検査すべきところを検査せずに投与してしまったのか、濃厚感染地域における予防期間として不十分だったか、高齢であることから基礎疾患があったとも考えられることから、因果関係は不明。

猫用の副作用報告
〇雑種20件
〇スコティッシュ(年齢不明)1件
〇ペルシャ(年齢不明)1件
〇不明3件
主な副作用の症状としては元気消失・嘔吐・下痢
レボリューションが直接の原因とは証明されていなく、因果関係は不明との事。

もともと、フィラリア症や心臓病、腎臓の病気である腎不全などの基礎疾患がある場合は獣医師とよく相談をして、レボリューションを使用するかどうかを決めましょう。

■レボリューションの副作用が心配?■

どんな薬にも副作用があるのは当たり前ですが、決められた用法・容量を守っていれば防げる副作用もあります。

飼い主さんが注意出来ることは「正しい使い方を守る事、「初めてレボリューションを使用する時は、獣医さんとよく相談すること」だと思います。

レボリューションは2005年に発売されたお薬で、世界中での処方がされていますが、日本での副作用報告データが犬・猫合わせても27件しかありませんので、その安全性は非常に高いものだと思われますよ。

【期間限定】セール価格&送料無料
レボリューションはこちらから!

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1箱:3本 4,500円~ 2,343円~
2箱:6本 9,000円~ 4,231円~
3箱:9本 13,500円~ 5,891円~
当サイトでご案内できる最安値価格では、 1本当たり800円前後、さらに送料無料にてお届けをさせて頂いております。

レボリューション 9本の9カ月分であれば、病院価格と比べおよそ、6,000円もの節約が可能です!節約したお金でワンちゃんのフードを良いものしてあげたり、生活を豊かにしてあげる方が賢いですよね♪

↓↓↓ 猫用レボリューションはこちら
↓↓↓ 犬用レボリューションはこちら