レボリューション 犬猫用
犬猫フィラリア予防薬ご案内

日本でのフィラリア感染率はどれくらい?


犬猫を飼っているご家庭でも動物病院でも、毎年、初夏の頃になると話題に上り始めるのがフィラリアの予防薬です。もしかしたら予防薬を促す病院からのお手紙で「あぁ、もうそんな時期なのか」と気付く方もいるかもしれません。

予防薬でフィラリア感染は年々減少しています

毎年、病院に赴き、血液検査をして感染の有無を調べ、感染していなければ体重を図り薬をもらう。日にちを決めて一か月に一回、飲み忘れがないようにしっかり管理しながら、半年間投薬を続ける。犬を飼っている方はほぼ義務のようにこれらをこなしているかもしれません。これらのことは、薬を忘れずに与えるというお世話的な面でも、経済的な面でも、決して軽くはない負担だと私は思っているのですが、皆さんはどう思われますか?

さて、ここで質問です。
現在フィラリアに感染している犬は一体何頭位いるのでしょうか?

これほどまでにきちんと予防しているのだから、もう日本にはフィラリアに感染している子なんていないんじゃないかな?と思われる方が多数だと思いますがどうでしょう?

仰る通り、フィラリアに感染している子は年々減少傾向にあります。ですが全くのゼロというわけではありません。フィラリアの運び屋である蚊が絶滅してしまった!というのなら話は別かもしれませんが、今現在、蚊の生息は確認されていますし、残念ながら、やはり予防をしていなければ感染してしまう可能性はあるのです。

では一体、どのくらいの感染があるのでしょう?

予防薬を使わないと感染の危険性は大きいです

予防薬を使わずにいた犬への感染率は、一夏経験で38%、二夏経験で89%、三夏経験で92%くらいだと言われています。ただし、これには個体差があります。
本犬は全く予防していないのに、周りにいる犬たちがしっかり予防していたため、蚊の体内に感染仔虫がおらず、吸血されても感染せずに過ごすことが出来た、というケースもあるかもしれませんし、逆に、本犬はしっかり予防をしていたのについ飲み残しをしてしまった期間があったために、全く予防をしていなかった周りの犬達の血を吸った蚊から感染仔虫を運ばれ、フィラリアに感染してしまった、というケースもあるかもしれません。

それに、住んでいる場所の影響も受けると思われます。

「うちは田舎に住んでいるから蚊も多いし、しっかり予防しないと」と、毎年気を付けて薬を飲み続けていれば、その子はフィラリア症にかからずに一生を過ごすことが出来るかもしれません。逆に、都内のマンションに住んでいて、蚊を滅多に見かけないからと油断してしまい、予防せずにいれば、フィラリアに感染してしまう恐れがあるかもしれません。100%絶対に蚊に刺されない方法なんて、ちょっと考え付きませんよね。

ですが、先ほど申し上げたように、フィラリア症は減少傾向にあります。
これは、フィラリアに対する皆さんの意識が高くなってきたために予防薬を飲ませるご家庭が増えたことや、予防薬自体の性能が良くなってきたことなどが理由に挙げられます。

予防薬を一か月に一回、半年間投与する。
これだけで怖いフィラリア症から愛犬を守れるなら、ぜひ、そうしてあげて欲しいと思います。

【期間限定】セール価格&送料無料
レボリューションはこちらから!

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1箱:3本 4,500円~ 2,343円~
2箱:6本 9,000円~ 4,231円~
3箱:9本 13,500円~ 5,891円~
当サイトでご案内できる最安値価格では、 1本当たり800円前後、さらに送料無料にてお届けをさせて頂いております。

レボリューション 9本の9カ月分であれば、病院価格と比べおよそ、6,000円もの節約が可能です!節約したお金でワンちゃんのフードを良いものしてあげたり、生活を豊かにしてあげる方が賢いですよね♪

↓↓↓ 猫用レボリューションはこちら
↓↓↓ 犬用レボリューションはこちら