【期間限定】セール価格&送料無料
レボリューション 猫用、犬用はこちらから!

《価格表》 他店価格 ご案内価格
1箱:3本 4,500円~ 2,343円~
2箱:6本 9,000円~ 4,231円~
3箱:9本 13,500円~ 5,891円~
当サイトでご案内できる最安値価格では、 1本当たり800円前後、さらに送料無料にてお届けをさせて頂いております。
↓↓↓ 猫用レボリューションはこちら
↓↓↓ 犬用レボリューションはこちら

【期間限定】セール価格&送料無料
ネクスガード スペクトラ ノミマダニとフィラリア対策!

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1錠当たり 2500円~ 1050円~
1ケース:3錠 7500円~ 3900円~
2ケース:6錠 15000円~ 6300円~

●寄生虫予防も可能に!

今までノミマダニ対策と、フィラリア対策は別々に行わなければなりませんでしたが、ネクスガードスペクトラを使用することで1回の投薬で同時に予防、駆除が可能となりました。

●手軽なチュアブルタイプ

錠剤タイプでなく、牛肉風味チュアブルタイプなので、おやつとして毎月1回1錠を与えてあげるだけでOKの手軽さです。

●効き目も早く、1ヵ月持続する

・ノミは6時間以内に予防駆除
・マダニは24時間以内に予防駆除
・フィラリア、犬糸状虫症の予防

●9割の犬が喜んで食べ、副作用無し

ネクスガード販売元のメリアルの実験では30頭中、27頭の犬が好んで食いついたと公表されています。 また、副作用の少なさ、安全性の高さの面でも注目されています。

タグ別アーカイブ: カルドメック

ハートガードプラスはアマゾン・楽天が最安値? – 犬のフィラリア予防薬

フィラリアは、蚊が媒介する感染症です。 別名を、犬糸状虫症といいます。 蚊が媒介するので、飼い主さんの気が付かないうちに感染します。 もちろんフィラリアに感染していない蚊に刺されなければ、フィラリアには感染しません。 しかし毎年多くの犬が、フィラリアにかかっていることは事実です。 フィラリアが寄生すると最悪の場合は死に至りますが、予防が出来る病気です。 飼い主の皆さんは、愛犬や...   [この記事の続きを読む]

ビーグル犬、コリー系は要注意!フィラリア予防薬は使えない犬種?

「犬」と聞いて真っ先に思うことは何ですか?そうは言っても、犬にも色々ありますので、一概にこれ!と言い切ることは難しいでしょう。現に、犬の種類一つとってもみなさんが驚くくらいの種類が、この世界には存在するのですから。 世界にいる犬の種類はどれくらい? みなさんは現在、この世界に何種類くらいの犬がいると思いますか?100種類くらいだと思いますか?それとも200種類?いいえ、実は世界には非公...   [この記事の続きを読む]

フィラリア予防薬とアナフィラキシーショックの関係性

ある日、一匹の中型犬が来院しました。初診ということでしたので簡単な問診をさせていただいた後、診察室に入っていただくことになりました。 本日は健康診断が主な目的であるということでしたので、さらに詳しくお話を聞いてみると、今までに一度も、病院にかかったことがないとのことでした。 飼い始めてからは数年が経っているそうです。狂犬病のワクチンだけは登録の関係から毎年きちんと済ませていたそうですが、そ...   [この記事の続きを読む]

フィラリアは犬猫の眼球にも寄生する?

タイトルをご覧になって、え!?フィラリアって心臓に寄生する虫じゃなかったの!?と驚かれた方もいるかと思います。実はフィラリアって、意外なところにも寄生するんです。 幼虫が眼球に迷い込むことで寄生します まず、通常の犬糸状虫症の感染経路とライフサイクル(生活環)を見てみましょう。 すでにフィラリアに感染している犬の血を蚊が吸います。これにより、蚊の体内にミクロフィラリア(仔虫)が取り込...   [この記事の続きを読む]

日本でのフィラリア感染率はどれくらい?

犬猫を飼っているご家庭でも動物病院でも、毎年、初夏の頃になると話題に上り始めるのがフィラリアの予防薬です。もしかしたら予防薬を促す病院からのお手紙で「あぁ、もうそんな時期なのか」と気付く方もいるかもしれません。 予防薬でフィラリア感染は年々減少しています 毎年、病院に赴き、血液検査をして感染の有無を調べ、感染していなければ体重を図り薬をもらう。日にちを決めて一か月に一回、飲み忘れがない...   [この記事の続きを読む]

犬猫のフィラリア症は母子感染の可能性はある?

結論から申しますと、お母さんのお腹の中にいる段階での赤ちゃんへの感染はありません。胎盤を通じて赤ちゃんへフィラリアが移るということはないので安心してください。ただし、出産後は別です。もし母体がフィラリアに感染していた場合、そのお母さんの血を吸ったことでミクロフィラリアを取り込んだ蚊が、次に赤ちゃんの血を吸った場合には、赤ちゃんのフィラリアに感染してしまう恐れがあります。 母体を守るため、妊娠...   [この記事の続きを読む]